Name

千葉 滋

Working experience

  • 1994-1996, 学生インターン (no-fee consultant)
    XEROX Palo Alto Research Center, California, USA.

  • 1996-1997 東京大学 助手
    大学院 理学系研究科 情報科学専攻

  • 1997-2001, 筑波大学 電子・情報工学系 講師

  • 1998-2001, 科学技術振興事業団 (JST) さきがけ研究 21
    「情報と知」領域研究員(併任)

  • 1999 July, Maitre-assistant associe
    Ecole des Mines de Nantes, France.

  • 2001-2002, 東京工業大学 講師
    大学院情報理工学研究科 数理・計算科学専攻

  • 2003-2008, 東京工業大学 助教授・准教授
    大学院情報理工学研究科 数理・計算科学専攻

  • 2003 August- 2008 March, 国立情報学研究所 客員助教授・准教授(併任)

  • 2004 January - 2007 March, 東京大学 特任助教授(併任)
    大学院情報理工学系研究科

  • 2004 July, Professor Invite,
    LIP6, l’Universite de Pierre et Marie Curie (Paris VI), France.

  • 2005-2007 IPA 未踏ソフトウェア・プロジェクトマネージャ(併任)

  • 2008 - 2012, 東京工業大学 教授
    大学院情報理工学研究科 数理・計算科学専攻

  • 2012 - 2014, 東京工業大学 連携教授(併任)
    大学院情報理工学研究科数理・計算科学専攻

  • 2011 October - 現在, 東京大学 教授
    大学院情報理工学系研究科創造情報学専攻

  • 2015 副研究科長
    東京大学情報理工学系研究科

  • 2016-2020 科学技術振興機構 ACT-I「情報と知」領域アドバイザー

  • 2017 東京大学 総長補佐

Education

  • 1991, 東京大学理学部情報科学科卒

  • 1993, 東京大学大学院 理学系研究科情報科学専攻 修士課程修了

  • 1996, 東京大学大学院 理学系研究科情報科学専攻 博士課程退学

  • 1996, 東京大学 博士(理学)

Awards (selected)

  • 2012, IBM Faculty Award

  • 2010, 第6回日本学術振興会賞

  • 2007, 平成19年度科学技術分野の文部科学大臣表彰「若手科学賞」

  • 2006, 平成17年度長尾真記念特別賞、(社)情報処理学会

  • 2005, 平成17年度 東工大挑戦的研究賞、国立大学法人 東京工業大学

  • 2003, 平成14年度 藤野研究賞、(財)手島工業教育資金団

  • 2002, 第1回船井情報科学奨励賞、(財)船井情報科学振興財団

  • 1997, 第1回日本ソフトウェア科学会論文賞

  • 1993, ソフトウェア科学会第10回大会高橋奨励賞

Academic Services (selected)

  • 日本ソフトウェア科学会 ソフトウェアシステム研究会主査 2005-2007

  • 日本ソフトウェア科学会 プログラミング論研究会運営委員長 2009-2012

  • 日本ソフトウェア科学会 編集委員長 2016-2020

  • Program Committee Member of ACM OOPSLA 2002, 2003, 2006, 2011 (ERC member), 2013, 2016. Onward! 2008, 2010, 2013, 2015.

  • Program Committee Member of the ACM SIGPLAN/SIGSOFT Conf. on Generative Programming and Component Engineering (GPCE) 2002, 2003, 2006, 2008, 2012, 2016, and 2017.

  • Program Committee Member of AOSD 2002 - 2006, 2008, 2010, 2011 (Chair), 2012, 2013. Modularity 2016.

  • Program Committee Member of ECOOP 2005 - 2007, 2010, 2012.

  • Program Committee Member of ACM/IEEE MODELS 2007, 2008.

  • An editorial board member of LNCS Transactions on Aspect-Oriented Software Development, Springer. (Co-Editor-in-Chief 2012-2016)

  • Program Committee Chair of ManLang 2017.

  • Co-organizer of ECOOP 2004-2010 Workshop on Reflection, AOP, and Meta-Data for Software Evolution.

  • Program Committee Member of Reflection 1999 and 2001

  • Co-organizer of ECOOP 2000 Workshop on Reflection and Metalevel Architectures

  • Co-organizer of OOPSLA 1998 Workshop on Reflective Programming in C++ and Java